ローコスト住宅で理想の暮らしを送れる|夢を形に

このエントリーをはてなブックマークに追加

高断熱住宅のメリット

住宅

熱を遮る工夫

夏は涼しく冬は温かい高気密・高断熱住宅は、大阪で注文住宅を建てる際にも人気のオプションになっています。コストが比較的安価で、一般に普及しているのは内断熱工法です。壁や柱の内側に断熱材を入れる方法で、高い断熱性能を得られますが、部屋ごとの温度の違いにより結露しやすいのがデメリットです。これに対して外壁全体を断熱材で覆うのが外断熱工法です。コストは高くなりますが、気密性が高く結露しにくいという特徴があります。内断熱と外断熱の両方を採用したダブル断熱工法やハイブリッド断熱工法も、大阪の注文住宅では施工可能です。また窓を二重サッシにすることで、断熱性能のほかに結露防止や防音性能を確保することもできます。

環境にも配慮

注文住宅の断熱性能を重視することは、北海道などの寒冷地では当たり前ですが、大阪のように温暖なところでは無意味と考える方もいます。しかし断熱性能が高ければ、それだけ光熱費の節約になります。特に大阪の夏の暑さは全国有数であり、最近はヒートアイランド現象で気温がさらに上昇しています。エアコンの電力消費量を抑えることは、二酸化炭素の排出量を減らすことに繋がります。高断熱住宅は地球環境にも優しいと言えるでしょう。高断熱の注文住宅を設計・施工している工務店やハウスメーカーは、大阪にも数十社以上あって、互いに品質を競っています。新しい断熱工法で性能を向上させる一方、可能な限りコストを抑えた住宅も見られます。