ローコスト住宅で理想の暮らしを送れる|夢を形に

このエントリーをはてなブックマークに追加

マイホームとして家を買う

積木

中古にない魅力とは

近年、新築一戸建ての住宅が埼玉県を始め多くの地域で販売されています。特に埼玉県は都心へのアクセスもよく、周りに自然が多く住みやすいです。そのため、子供がいる家族が安住の地として家を買うことが多いです。家を購入する際、新築物件か中古物件を買うのか悩む傾向にあります。お金を少しでも節約したい人にお勧めなのが、新築物件です。なぜなら、新築物件を購入すると、購入時にかかる税が優遇されるからです。埼玉では、通常、家を購入すると、固定資産税、登録免許税など様々な税金がかかります。高くて辟易しますが、中古物件と比べると、新築戸建ての固定資産税はおよそ半額です。また、登録免許税も同時に軽減されるので、お金をかけたくない人にはおすすめです。

家を購入する際の値引き

埼玉で新築一戸建てを購入する際に、一番気がかりなのが家の金額です。何千万円という大金を支払わなければ、家を購入できないです。ローンを組んで払い続けないといけないので、少しでも値引きして欲しいと誰もが考えます。埼玉にある新築物件を購入する際、実は不動産会社によって価格の値引き交渉が可能です。担当者に相談すると、およそ2%から5%の費用の値引きをしてもらえることがあります。ただ、どの物件でも値引きに対応してくれるというわけではないです。値引きに応じてくれる物件の特徴は、あまり売れ行きがよくないものです。買い手がつかないので、売りさばきたいと安くしてくれるのです。長く広告に掲載されている物件は、買い手が付いていないことが多いです。なので、長く紹介されている物件を探して値引き交渉するといいです。